2012年05月18日

我が家の問題 奥田英朗

家族間で展開する6編の短編集。
どこの家庭にもありそうなことをユーモアとちょっぴりジンとくるストーリーたちです。
どのストーリーも家族の愛や絆を感じさせます。
家庭を持つ私としてはほのぼのと楽しく読めました。最後の「妻とマラソン」は読後に一番ジンときました。

我が家の問題 [単行本(ソフトカバー)] / 奥田 英朗 (著); 集英社 (刊)
posted by なああも at 06:32| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2013年01月22日 12:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270484713

この記事へのトラックバック

「我が家の問題」奥田英朗
Excerpt: 平成の家族小説シリーズ第2弾! 完璧すぎる妻のおかげで帰宅拒否症になった夫。両親が離婚するらしいと気づいてしまった娘。里帰りのしきたりに戸惑う新婚夫婦。誰の家にもきっとある、ささやかだけれど悩ま....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2013-01-22 11:58
↓一日一回クリックしていただけるとありがたいです。