2013年01月24日

プラチナデータ 東野圭吾

SFチックな物語です。登場人物も多くストーリー展開もしっかりしていると思います。
他のレビューを見ると厳しいことが多いですがにわかファンの私にとっては十分楽しめる内容でした。
物語の後半でやっとタイトルの意味が分かりました(笑)
分厚いですが、一気に読めました。
映像化はしやすいのかもしれないですが、尺に収まるのでしょうか。
クライマックスは涙ぐんでしまいました。

プラチナデータ (幻冬舎文庫) [文庫] / 東野 圭吾 (著); 幻冬舎 (刊)
posted by なああも at 18:24| 広島 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

庄原幼稚園の餅焼き会

DSC_1146.JPG
庄原幼稚園では先日餅焼きが行われました。
年末にもちつきをして保存しておいた餅です。
例年は「とんど」をしていたのですが園庭の芝生がだいぶ広がってきたので
今年は火を燃やさずに餅焼きだけを行うことになりました。
炭火で焼いた手づくりのもちはとてつもなくおいしかったです。
この日は園児たちが手作りで絵馬も作りました。
この一年をどう過ごすか、目標を書いて誓いを立てていました。
ガンバレ!幼稚園児たち。
posted by なああも at 08:26| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 庄原の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

カールじいさんの空飛ぶ家

ぴくさー作品です。

プロモーションの段階でジーンとくるこの作品でした。
なかなか見る機会が無かったのですが、見ることができました。

タイトル通り孤独になった老人が子どもや犬、まぼろしの鳥と出会い勇気と活力をえて行く物語です。
感動もあり、クスリと笑えるところもありでとても面白い映画でした。

それにしてもマンツは元気すぎる・・・

カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD] / アンドリュー・スタントン (監督)
posted by なああも at 16:50| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

徳川家康20 山岡荘八

この巻はあまり家康は出ず、内政の話がメインになります。
戦闘もなく展開に帰伏はありません。
終盤はだんだん淀が壊れていき(?)豊家と徳川家がきな臭くなり始めて行きます。

徳川家康(20) (山岡荘八歴史文庫) [文庫] / 山岡 荘八 (著); 講談社 (刊)
posted by なああも at 06:24| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

恋愛小説家

映画ですけども。
主人公は神経質で悪口しか言えなく、人嫌いな精神的な病の持ち主。
その彼が少しずつ変わり始め、身近な犬や人間に情を感じ始める。
恋愛以前に犬との別れのシーンで思わず泣いてしまいました。
なかなかうまく言えない主人公は主人公が好意を寄せる女性をいつも怒らせてしまう。
しかし、少しずつ彼女は彼を理解して行きます。
映画は2時間に及びますが時間を感じさせない面白さでした。
恋愛小説家 [DVD] / ジャック・ニコルソン, ヘレン・ハント, グレッグ・キニア, キューバ・グッディングJr. (出演); ジェームズ・L・ブルックス (監督)
posted by なああも at 09:00| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↓一日一回クリックしていただけるとありがたいです。